サービス接遇検定試験対策講座

サービス接遇検定とは、あらゆる業界において必要となる接客・サービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格です。試験を通して、サービス業務の基本である対応の技術や話し方、心構えなどを学ぶことができ、資格を取得すればその能力の証明になります。

試験ではサービス業務に対する心構え,対人心理の理解,応対の技術,口のきき方,態度・振舞いなどが審査されます。この検定の受験勉強をしながら,サービスに対する考え方や行動の型などを学び,おもてなしの心とかたちを育てましょう。 企業(金融,鉄道,運輸,ホテル,病院,派遣会社)や専門学校(理美容,ファッション,医療スタッフ,航空,観光等)での受験者が増えています。

「サービス接遇」とは?

「サービス」とは「相手に満足を提供する」ということです。相手が快適であると感じるような世話とか,相手が感じがいいと思うような言葉遣いで接するとかのことです。
この,相手に満足を提供する行動を「接遇」といいます。

講座内容

  1. オリエンテーション
    • I サービススタッフの資質
      1. 必要とされる要件
        • 受験ガイドを使用して、身近なサービス業について考える
        • この検定の目的について考える
      2. 従業要件
        • 『基本接遇のマナー』について考えさせる
    • II専門知識
      1. サービス知識
        • サービス向上には何が必要か
        • マニュアル対応について考える
      2. 従業知識
        • 商業用語、経済用語
    • III一般知識
      1. 社会常識
        • ことわざ、慣用句、物の考え方
    • IV対人技能
      1. 人間関係
        • 愛嬌の効果
      2. 接遇知識
        • 準1級課題に取り組む
      3. 話し方
        • 接遇用語の「言い換えパネル」で確認
        • ロールプレイング
      4. (4)服装
        • 身だしなみ、ユニホーム
    • V実務技能
      1. 問題処理
        • 苦情、在庫切れ、修理、問い合わせについての対応
      2. 環境設備
        • 店舗管理
      3. 金品管理
        • 金銭授受(言葉と動き)
      4. 社交業務
        • 冠婚葬祭
  2. 模擬試験1
  3. 模擬試験2
  4. 模擬試験3
  5. 試験問題の振り返り
  6. 総合ロールプレイング
  7. 実践・フィードバック

アドバイス

これから就職し実務の現場に入る前にサービスマインドを身につけておくことは非常に重要なことです。このサービススタッフの資質・専門知識・一般知識・対人技能の点からサービスマインドを理解しているかを試す試験となっています。また、2級以上であれば履歴書等に記載することで一定の評価を得ることができます。プロ司会が楽しく、無理なく、無駄なくコミュニケーションを交えながらレベルに応じて行いますので、日本で就職する留学生にも、参加して欲しい「
オススメの講座」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip


サイドメニュー

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • ワンポイント

リンク

  • グランツハートブログ
  • ケイコとマナブ
  • 過去のブログ