キャリアデザイン研修

キャリアデザインとは?

よく皆さんは“キャリアを積んできた”などという言葉を使われることがありますが、おそらくそれは仕事上での意味を指して言っていることがほとんどだと思います。
それは狭義の意味でのキャリアを指していて、本来の「キャリア」の持つ意味はその人の生活や生き方を意味します。
本来の“キャリアデザイン(キャリアプランニング。当サイトではキャリアデザインと呼称します)”というのは、個人一人ひとりの生き方の設計(ビジョン)を意味します。
「○○歳になったら、こんな生き方をしたい」「○○歳になったら、こんなことをしたみたい!」などを、描いていくものです。
そうした目的・目標の設定と、それを実現するための設計をすることを、“キャリアデザイン”と言います。
そしてそれを実現するためには、自分はどのような仕事や働き方をして、そのビジョンに近づけるのか、ということが、職業・働き方(ビジネス)での“キャリアデザイン”となります。

キャリアデザインはどうして大切?

どんなキャリアを歩めば成功するのか、何が正解なのかがわからない不確実性の高い世の中です。皆さんも多かれ少なかれ体感されていると思いますが、自分が所属している会社ですら、マーケットの変化が激しく、どうなるのか予想ができないのが今の時代。だからこそ、自分自身が人生において、仕事において、どう生きたいのか、どうありたいのか考えることが大事になってきています。どこで誰と働いても通用する自分であるために、自分らしい働き方をするために、自分自身のキャリアを考えること、つまりキャリアデザインが大切なのです。
特に女性の場合は、結婚、出産・育児、また夫の転勤等(ライフイベントといいます)で、自分自身の働き方や生活の仕方が大きく左右されることが多くあります。
こういったライフイベントに左右されず、自分自身のなりたい姿を追求するために、“何歳までに○○をやっておこう”とか、“出産や育児の休暇の時には、○○のスキルアップをしておいて、仕事にしっかりと復帰するようにしよう”とかいったことをプランし、それを実行することで、描いたデザインの実現に向かっていくことができます。
何のプランもなしに毎日を過ごしていると、ふと気がついたときに、“自分には何もスキルも身についていない”とか、“やりたかったことを実現できない…”ということになります。
また、この“キャリアデザイン”は描きなおしは自由です。
「ライフイベント」で、自分のプランが崩れそうな時、それを実現するために計画を修正しながら、自分の目標に進んで行きましょう。
今の時代は、女性も何らかの目標ややりたいことを目指して、自立して生きていくことが普通になってきています。
ただ、その言葉だけにとらわれず、しっかりとした自分自身のビジョンを明確化することで、毎日がよりイキイキとしたやりがいを持って働いたり生活をしていくことができると思います。

キャリアデザイン・プロセス

キャリアデザイン・プロセスという考え方があります。キャリア形成を考える際の手順や段階のモデルで、1つの地図といえます。
キャリアデザイン・プロセスには7ステップがあります。

ステップ キーワード
1 意思決定の必要性の自覚 現状を確認、各スタイル別アプローチ
2 自己の再評 質問、経歴、アセスメント、興味・能力・価値観(自己概念)
3 職業・仕事の特定 職業リスト作成(ホランドタイプ等)、選択肢2つ以上
4 選択肢に関する情報収集 職業調査ワークシート、情報収集面接ワークシート
5 仮決定 選択基準特定 選択肢を比較、行動計画の作成
6 教育・訓練 学校や専攻を見つける、スキルの向上支援
7 就職・異動 求職活動スキル指導、サポートグループ

この7つのステップのどの段階に今、自分がいるのか考えてみましょう。もちろん正解があるものではないので、必ずこのフレームで考えなければならないというものではありませんが、自分がどのステップで詰まり、悩んでいるのかに気づくことが可能です。やりたい職種まではっきり決まっている方は「ステップ7」の段階でしょうから、求人を探したりエントリーしたりするなど、今すぐ動けるでしょう。しかし、冒頭で伝えたような漠然とした状態で悩んでいる方は、まず「ステップ2」まで(意思決定の必要性の自覚~自己の再評)を深めるところから始めることや、「ステップ4」(選択肢に関する情報収集)をすることがとても大事です。自己理解が足りていない方は、私たちのようなキャリアコンサルタントと対話をすることによって、または、アセスメント(性格や適性を測るための診断ツール)などを用いて自分を客観的に見られるようになることもキャリアデザインの1つの要素です。

その他、求人のトレンドやマーケットの動き、自分の市場価値はどうなのかといた視点からの情報収集が必要なときは、私たちキャリアコンサルタントにご相談下さい。

継続的に考えることが大切

しかし、マーケットがめまぐるしく変わり、ソーシャルメディアなどの普及で働き方が大きく変化している昨今では、自分のしている仕事の市場での位置付けがどのように変わっていくのか、今のままのキャリア形成でよいのか、どんなチャレンジをしたらよいのか、情報を収集し続けることが大事です。
まずは、ご自身の今のキャリアを見つめてみることから、キャリアデザインを始めてみませんか?

ページ上部へ戻る