薄墨桜 うすずみざくら

sakura.jpg
こちらは日本三大桜の淡墨桜でございます。
この写真は岐阜県本巣市(旧・本巣郡根尾村)の淡墨公園にある樹齢1500年のものです。
淡墨桜という名前は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなんでつけられたそうです。
ここで桜つながりでひとつ、よく、「きれいな桜の下には死体が埋まっている」というのをよく聞きますが、これは梶井基次郎さんの『桜の樹の下には』という短編小説からの冒頭の一文から有名になっていったそうです。
これから梅雨の時期にも入っていくので、外に出かける事が出来ない日も多くなると思います。そんな時はおうちでゆっくりと読書を楽しむ時間が増えてくると思います。機会がありましたら、梶井基次郎さんの『桜の樹の下には』も読んでみてください。
☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o


ただ今、


冠婚葬祭司会者・セレモニースタッフ募集中 


でございます。


未経験の方にも、しっかりとした研修をさせて頂きますのでご安心下さいませ。


お問い合わせはこちらよりどうぞ


☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o*:;;;:*o○☆○o
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア


サイドメニュー

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • ワンポイント

リンク

  • グランツハートブログ
  • ケイコとマナブ
  • 過去のブログ
  • フィックスリータイム