名古屋スクール

2010年9月4日(土)
午後1時~3時
名古屋研修センターにて
講師 早川聖子
スクール生 3名出席
研修内容
① お東進行アナウンス仕上げ
  ※タイミングの確認
② 神道のレクチャー
③ 友人葬のレクチャー
④ 担当者より咄嗟の指示があった場合のコメント
  ※文章で考えるのではなく、とにかくマイクに向かって言葉を発してみる
今回は、2時間のレッスンでした。
お東以外の禅宗はもちろん、その他の神道や友人葬など、
すべての宗派を進行する事が出来てこそ、プロの司会者と言えます。
今の時期に、しっかりとテキストをまとめておいて下さい。
現場では、お寺様との打ち合わせがポイントになってきます。
時間のない中での打ち合わせになる事も多々あります。
その中で、確認するポイントを絞って、
テキパキと打ち合わせが出来るようにする事が大切です。
覚えるコメントは、ほとんど頭に入ったはずです。
あとは、タイミングです。
私達は「進行係」ではなく、全体を司る「司会者」です。
心あるナレーション、見えないところでの心配り、
マイクを持っていない時間も含めての「司会」です。
人としてもトータルに輝いていけるような存在目指して、
頑張っていきましょうね^^
      早川 聖子003[1].JPG

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア


これまでのコメント

  1. meme より:

    お疲れ様です。
    一気に読ませて頂きました(*^_^*)
    タイミング・・これが難しいですね。
    担当者、お寺様のお経の長さ、出棺の時間、色んな要素が絡まって・・同じお式は二度とない!という気がします。
    やっぱり場数なので、自分の引き出しを増やしながらより一層精進して行きたいです!

サイドメニュー

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • ワンポイント

リンク

  • グランツハートブログ
  • ケイコとマナブ
  • 過去のブログ
  • フィックスリータイム