電話応対コンクール

電話応対の重要性

相手と面と向かって話をするときと違い、電話応対では表情や態度が相手に伝わりません。
その分、普段以上に気を使って応対をする必要があります。

相手は電話を受けた人のイメージを会社全体のイメージと受け取ります。

声の調子や話し方などに気を配り、明るく親切な応対を心がけるだけで会社の良いイメージ作りにもつながるのです。

明るい声でどんな相手に対しても、常にはきはきと明るく応対します。
いつもより明るいトーンを心がけます。
あなたの印象が会社の印象になると意識しましょう。

ゆっくりと
普段早口の人も、電話では特に気をつけてゆっくりと話をします。
聞き間違いの原因にもなりますし、落ち着きのない印象を与えてしまいがちです。
話の区切りで一呼吸おくのもよいでしょう。

姿勢よく
電話中の姿勢や態度は相手にも声の調子として伝わっていきます。
真摯な態度で自信を持って応対するように心がけましょう。
電話中はなるべく電話に集中し、相手の用件を短時間で解決するよう努力します。

メモと復唱
電話を始めたらこまめにメモをとりましょう。
電話を切った途端に、重要な事項を度忘れしてしまうこともあります。
大切な用件や約束の日時などは、面倒でも繰り返し確認するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip


サイドメニュー

  • お問い合わせ
  • スタッフ募集
  • ワンポイント

リンク

  • グランツハートブログ
  • ケイコとマナブ
  • 過去のブログ